Welcome, skip to the content.

概説

検疫と税関

オーストラリアの検疫と税関は、旅行者に対し、植物、動物製品などを含む、いくつかのアイテムについて、オーストラリア国内への持ち込みを制限または禁止しています。

また、オーストラリア国内の移動であっても、植物や食べ物の持ち込みに関して、規制があります。とくに、生鮮果実については、地域間および州間での持ち込み、移動は制限されます。

国内の検疫

ビクトリア州の地方都市へお出かけになる場合は、食べ物の持ち込みについて、地元のアドバイスに留意するよう、お願いいたします。また、オーストラリア検疫検査局の旅行者への規制により、いくつかのエリアからの植物や果実などの移動は注意が必要です。

対象地区には表示が出ており、道路脇に検疫用の果実を廃棄するゴミ箱が設置されています。検疫のために道路閉鎖を行うこともあります。詳細は、国内検疫の規制についてのページをご参照ください。
quarantinedomestic.gov.au

ショウジョウバエについて

ビクトリア州では現在、クイーンズランド州からもたらされたショウジョウバエが繁殖しています。ショウジョウバエは、果物や野菜に卵を産みつけるため、生産物が食用に適さず、収穫を損なうことに繋がります。ショウジョウバエが、旅行者が卵を産み付けられた果物を持ち込むことやビクトリア州内の地域間の園芸、農作物の生産などによって移動し、拡散してしまうことがあるのです。

ビクトリア州の園芸、農産物を守るために、地元のアドバイスに従い、旅行中の対象果物等につきましては、必要に応じて廃棄などのご協力をお願いいたします。詳細は、以下のサイトでご確認ください。
Department of Primary Industries website 

海外からの検疫検査について

オーストラリアの検疫は、来豪する旅行者に対しても規則を設けています。全ての食べ物、植物、動物製品などをオーストラリアへ持ち込む際には、必ず申告が必要です。

もし、あなたが、持ち込めないものかどうか、該当するかよくわからない場合は、入国カードに記載するか、もしくは、空港に設置してある検疫用のゴミ箱に廃棄してください。詳細は、オーストラリアに持ち込めるもの、持ち込めないものを説明した以下のページでご確認ください。
Department of Agriculture, Fisheries and Forestry website

税関

特別な許可がない限り、旅行者は、遺産リストに掲載されているものや保護動物、医薬品および獣医関連製品をオーストラリア国内に持ち込むことについて、制限があります。全ての制限および禁止項目品については、入国カードに記載し、必ず申告してください。また、数量などに制限のある免税品や所持金の合計金額についても、ご注意ください。詳細は、制限アイテムと税関の規制については、以下のページでご確認ください。
Australian Customs website

旅行者払戻制度

旅行者払戻制度(TRS)は、オーストラリア国内で購入した商品にかけられているGSTと呼ばれる消費税とWETと呼ばれるワインにかけられた税金の還元を該当する旅行者が受けられるスキームです。

税金還元の申告は、メルボルン空港の国際線出発ロビーでできます。申告に時間がかかることもありますので、搭乗時間の前に余裕を持って、空港に到着することをおすすめします。申告方法などの詳細は以下のページでご確認ください。
Australian Customs website