Welcome, skip to the content.

概説

ギプスランド湖群

ギプスランド湖群は、オーストラリア最大級かつ最も美しい内陸水域です。90マイルビーチの沿岸砂丘によって海と隔てられた湖、湿地帯、ラグーン(潟)などの、水辺の総面積は600平方キロメートルに及びます。

湖群は、鳥たちと海洋生物たちの楽園!イルカやペリカンなども頻繁に見ることができます。

3つの大きな湖

セールのトムソン川の周辺には、レイクキング、レイクビクトリア、レイクウェリントンの3つの主要な湖があります。これらの湖へ流れ込む川の水源は、ミッチェル川、ニコルソン川、タンボ川、エイボン川など、ハイカントリーの山岳地帯。ペインズビルからフェリーや水上タクシーを利用して、船でしかアクセスできない小島をめぐってみるのもおすすめです。

地形的に面白いシルトジェッティ

ミッチェル川のシルトジェッティ(桟橋)は、地形的に最も興味深い場所です。ドライブしていくと、ミッチェル川に沿って、レイクキングに入っていくような感覚なることでしょう。写真撮影スポットとしても絶好の場所。ここから、イーグルポイントブラフの展望所まで足を延ばしてみるのもおすすめです。

星の降る夜

ザ・レイクス国立公園とギプスランドレイクス沿岸公園の2つの公園に点在する湖群エリアは、夜になれば満天の星空が広がっています。どちらの公園にもキャンプ場があり、たくさんのウォーキングトレックが設けられています。キャンプしながら散策してみませんか?

野生動物と遭遇!

中州になったロタマー島は、カンガルーやワラビー、コアラなど、多種多様な生き物が生息する野生動物の楽園。フェリーに乗って島へ渡り、コアラトレイルを歩いてみて下さい。島に少し長めに滞在し、カンガルーやその他の野生動物たちの世界にどっぷり浸かってみるのもおすすめです。