Welcome, skip to the content.

概説

12人の使徒

12人の使徒は、グレートオーシャンロード最大の見どころであり、ビクトリア州きっての素晴らしい景勝地として知られています。

海からそそり立つ奇岩群は、1000~2000万年前まで本土と陸続きだったライムストーン(石灰岩層)の岸壁が、波と風雨の浸食によって、現在見られるような、海の中にとり残されたような巨大な岩を形成したもの。

太古のオーストラリア大陸を思い起こさせる、その迫力ある景観は、まさに圧巻!「世界で最も美しい海岸道路」と呼ばれるグレートオーシャンロードでは、絶対に見逃せない絶景ポイントです。

波と風雨による浸食は今も絶え間なく続いており、洞窟は、最終的にアーチ状になり、橋が崩落して、それぞれが孤立した巨大な岩となります。さらに、波が岩の底部を少しずつ削り取っていくため、2005年には、ひとつの岩(使徒)が崩落してしましました。

それでもなお、素晴らしい景観を誇る「12人の使徒」。照りつける太陽の下では明るい黄色の岩肌を、時間の経過と共にその色彩を変化させ、とくに日没や日の出の瞬間には、息を呑むような絶景を見ることができます。

行き方

12人使徒は、メルボルンの西275キロ。グレートオーシャンロードに沿って、車で約4時間のところに位置しています。