Welcome, skip to the content.

概説

コリンズストリート と リトル・コリンズストリート

コリンズストリートは、バークストリートと共に代表する大通りです。中心部の西はずれに位置するスペンサーストリート駅から東西に延びるように走っています。

通りの西側はオフィス街、東側は有名ブランドショップが立ち並ぶショッピング街。道の端と端で、がらりと雰囲気が変わるストリートです。世界の有名ブランド「LV(ルイヴィトン)」やオーストラリアを代表するデザイナーブランド「Alannah Hill」、「Lourinha」、「No35」などもこの通りにあります。そして、コリンズストリートとリトル・コリンズストリートを結ぶ間の道にも発見があるはずです。

メルボルンの最高級が集結!

コリンズストリートには、5つ星ホテル、高級ブランドショップ、プライベートクラブ、高級宝飾店など、メルボルンの最高級の店やホテルが集まっています。「Chanel」や「Giorgio Armani」、「Louis Vuitton」などの世界の一流ブランドが並び、パリの高級街の一角を思わせるよう。また、「コリンズ234」や「オーストラリアン・オン・コリンズ」といったショッピングセンターには、オーストラリアらしいコンセプトストアが集まり、ショッピングにおすすめです。

地元デザイナーに注目!

リトル・コリンズストリートとホーウィープレイスには、地元オーストラリアのデザイナーが集まっています。オートクチュールからヒップなカジュアルブランドまで、メルボルンで最も注目度の高いデザイナーを見つけることができます。男性向けファッションなら、スワンストンストリートとラッセルストリートまで足を延ばしてみてください。

カクテル片手に飲めや歌えの大騒ぎ?

コリンズとリトル・コリンズストリートには、隠れ家バーがいっぱい!「Hairy Canary」や「Gin Palace」、「Mamasita」は、カクテルの種類が豊富。「Pony Bar」は、バンド演奏と深夜遅くまでやっていることで有名なバーです。

メルボルン発展の歴史を知る

コリンズストリートの突き当りには、旧大蔵省(財務省)があります。館内には、「シティ博物館(City Museum)」があり、メルボルンが発展してきた歴史と街の概要などが展示されています。

コリンズストリート/リトル・コリンズストリートの行き方

トラム利用:スワンストンストリートとエリザベスストリートを通るトラムならどれでも利用できます。無料のシティサークルトラムを利用するなら、スプリングストリートとコリンズストリートの角で下車。または、スペンサーストリートとコリンズストリートの角でもOKです。

無料バス:メルボルン市内を巡る無料バス「シティツーリストシャトル」も利用できます。4番の停留場で下車。バスは30分毎にでています。

徒歩:フェデレーションスクエアから北へ向かって、1.5ブロック、約3分です。

検索条件に一致する結果が見つかりませんでした。

フィルターまたは検索用語を変更してもう一度試してください。

34 結果

ホテル

クオリティホテル バットマンズヒル・オン・コリンズ

クオリティホテルバットマンズヒルオンコリンズは、サザンクロス駅の向かいに位置する、手頃な料金で人気のホテルです。クラウンカジノやメルボルン水族館へも徒歩圏内。


ホテル

ソフィテル メルボルン オン・コリンズ

ソフィテルメルボルンオンコリンズは、メルボルン中心部のパリスエンドと呼ばれる一流ブランドが並ぶ通りに面して建つ高級ホテル。国内屈指のラグジュアリーホテルです。

カフェ

ホープトン・ティールーム

ホープトン・ティールームは、19世紀の美しいブロックアーケードで昔から営業を続ける由緒あるティールーム。朝食から午後のティータイムまで、いつでも優雅なひとときを

{{::accreditation.Alt}}
{{::item.EventDates[0]}}
{{::item.PriceRange}}
{{::item.MoreDatesText}}
{{::date}}

行き方