Welcome, skip to the content.

概説

アーケードとレーンウェイ(小道、路地)

最もメルボルンらしく、この街ならではの独特の雰囲気を持っているのが、メインストリートから続くレーンウェイと呼ばれる小路地や屋根のある小道アーケードです。心部には、いくつもの石畳の小径や 19 世紀の佇まいそのままのアーケードがあり、のんびりと散策するのにうってつけです。道の両脇には、小粋でかわいらしいカフェやレストランがずらりと並び、どこかヨーロッパの町へさ迷いこんでしまったような錯覚に陥ってしまうほど。

お気に入りのバーを見つけよう

街の喧騒を離れてちょっと一杯。そんな時にうってつけなのがレーン(路地)のカフェ&バー。ステンシルやライトボックス、彫刻などで装飾されたアーティスティックでユニークなカフェ&バーがたくさんあります。プレスグレイブブレーンのバーカメリカーノ(Bar Americano)、タターソールレーンのセクション8(Section 8)、クロフトアレイのクロフトインスティテュート(Croft Institute)、ACDCレーンのチェリーバー(Cherry Bar)などは、地元でも人気です。ジャズクラブやワインバーなど、隠れ家のようなお気に入りのバーを見つけてください。

地元で愛される老舗の名店へ

レーンウェイには、地元で愛され続けている老舗の名店があることも忘れてはなりません。マイヤーズプレイスには、今も変わらぬ老舗バーや昔ながらのイタリア料理店ウェイターズレストラン(Waiters Restaurant)があります。クロスリーストリートにあるペリグリーニ(Pellegrini)は、本場イタリアのバールにさまよいこんだようです。他にもハードウェアレーンやでグレーブストリート、センタープレイスなどにも、おすすめの名店があなたを待っています。

カラフルなストリートアートを鑑賞

レーンウェイでは、小道の壁に描かれたストリートアートを見ることができます。メルボルンならではの、芸術的でカラフルで斬新なアートは、外せない見どころのひとつ。おすすめなのは、コッカーアレイ、マンチェルターレーン、ウェストウッドプレイスなど。その他にも、ギルドフォードレーンのギャラリー、古い赤い煉瓦が印象的な家具倉庫跡やユートピアンスランプなどで、さまざまな展示会が開催されています。のんびりと散策しながら、メルボルンらしいポップなアートを鑑賞してみてください。

自分だけのとっておきを見つける

サマセットプレースやランキスレーンといった路地には、ストリートウェアやスニーカーショップ、オリジナルウェアを注文できるショップなどが集まっています。カンバックキッド(Comeback Kid)、キャプテンズオブインダストリー(Captains of Industry)などのカジュアルなストリートウェア専門店は、地元の若者に人気です。また、リトルミュール・サイクルカンパニー&カフェは、カスタムバイクが作れる自転車専門店。世界でたったひとつのバイクが注文できます。併設されたカフェのコーヒーも薫り高くておいしいと評判です。

行き方:レーンウェイやアーケード散策へ出かけよう!

スワンストンストリートまたはエリザベスストリートを通るトラムなら、どれでも便利です。また、メルボルン・ツーリストシャトルと呼ばれる無料バスを利用する場合は、13番の停留所で下車。この無料バスは、メルボルンの主な観光スポットを約1時間半かけて回ります。運行時間は、毎日9:30から16:30まで(クリスマスを除く)。乗車中は、観光スポットの解説を聞くことができます。