Welcome, skip to the content.

コロニアル・トラムカーレストランは、メルボルン市内を巡るトラム(市電)がレストランになっている、ユニークな動くレストラン。実際に市内で使われていたトラムの旧車体を利用しています。

19世紀の古き良き時代を彷彿とさせる渋いバーガンディー色の車体に、金色のマークのロゴが生え、内装は、完璧なクラシック調のインテリアに改装。あたかも、タイムスリップしてしまったかのような錯覚に陥ってしまうほど。

レストランでは、市内の実際のトラムの線路を走りながら、コース料理と極上のワインを提供。トラムが走るルートはその日によって異なり、当日のお楽しみとなっています。今日はどこを走っているのだろう?と、外を眺めながら考えるのも楽しみのひとつ。席数に限りがありますので、予約はお早目にどうぞ。

メルボルンの街並みが走馬灯のように流れていく、車窓風景を楽しみながら、美味しい食事に舌鼓を打つ… そんな、旅の思い出をより一層深くしてくれる、最高のひとときが待っています。

Content: Colonial Tramcar Restaurant

詳細

設備:
  • 構内禁煙
車いすの利用:

  • 詳細はお問い合わせください。
  • Suitable for guests with sufficient mobility to climb two or three steps, but would benefit from fixtures and fittings to aid balance