Welcome, skip to the content.

南半球最大の市場として知られるクイーンビクトリア・マーケットは、1878年にオープンした歴史あるマーケットです。

19世紀の優雅な建物は今もそのままに残り、当時から変わらない活気あふれる賑わいをみせる庶民のマーケットは、メルボルンを代表するシンボルのひとつ。新鮮な野菜や果物をはじめとする食料品はもとより、お土産にもぴったりな小物やお洒落なインテリア用品、ファッション、アクセサリーなどが、所狭しと並んでいます。お店の人とお客の活気あるやりとりを見ているだけでも楽しく、メルボルンきってのショッピング・スポットとしても外せません。

マーケット(市場)の場内はとても広く、生鮮食品のエリア、デリ(惣菜)のエリア、ファッション用品のエリア、お土産品を扱う店が集まるエリアなど、いくつものエリアに分かれています。マーケットを囲む周辺のストリートにもたくさんのショップが並び、オーガニック製品やワインを専門に扱う店もあります。市場なので、午前中がおすすめですが、場内にはフードコートやカフェもありますので、朝食やランチ、コーヒーブレイクしながら、のんびりとショッピングするのに最適です。

また、市場とメルボルンの歴史に触れるツアーやメルボルンの食の深さを知るツアーなど、興味深いツアーやイベントも実施しています。詳細は公式サイトでご確認ください。

Content: Queen Victoria Market

詳細

行き方:

トラムをご利用の場合:エリザベスストリートまたはウィリアムストリートを通る北へ向かうトラムなら、どれでも利用可能です。電車をご利用の場合:ミュージアム駅またはフラッグスタッフ駅(ラトローブとウィリアムストリートの角)から、エリザベスストリートまたはウィリアムストリートへ向って歩くと近くて便利です。

設備:
  • カフェ
  • 駐車場
  • 公衆電話
  • 公衆トイレ
料金:

Free Entry

車いすの利用:

  • Disabled access available, contact operator for details
  • 詳しいご案内は、お問い合わせください。
  • Suitable for guests with sufficient mobility to climb two or three steps, but would benefit from fixtures and fittings to aid balance
  • Wheelchair